午後一時の転寝

午後一時くらいにする転寝が大好き

無酸素運動のダイエット器具

読了までの目安時間:約 2分

最近、ダイエット器具を利用する人が増えていますが、ダイエット器具には、無酸素運動をすることを目的とし作られた器具があります。代表的なのは、筋トレができるダンベルです。無酸素運動をしたい人に最適で、値段も比較的入手しやすいです。筋肉増強のためなら8回ぐらい持ち上げられる重さのダンベルが良いのですが、ダイエット目的の場合は、20回ぐらい持ち上げられるものがおすすめです。筋肉を効率良く鍛えたいなら、EMSも良いでしょう。これは、筋肉を電波で刺激して強化するという無酸素運動のダイエット器具になります。無酸素運動のダイエット器具で効果を出すには、正しい姿勢で運動しなければいけません。また、ダンベルなどの重量物を使用する場合、重すぎず軽すぎず、ちょうどいい重さの物を使用する必要があります。人気があるのは、腹筋のためのダイエット器具で、これで正しい腹筋運動をすることができます。ダイエット器具で無酸素運動をする人は最近、増加していますが、どういったダイエット器具か良いかは人によって違うので、じっくり検討してから選択する必要があります。

肥満の原因について

読了までの目安時間:約 2分

摂取カロリーが消費カロリーを上回れば、オーバーしてしまった余分なカロリーは脂肪へと変換されます。これが蓄積されることで肥満となります。一番多い原因は、大食いや暴飲暴食、どか食い、不規則な時間の食事などにより、カロリーが過剰に摂取されることによるものです。けれども、少食な方でも肥満になってしまう人がいます。摂取カロリーが消費カロリーを上回ることで脂肪となり蓄積されてしまう。つまり、少食傾向で摂取カロリーが人よりも少なかったとしても、消費カロリーが少なければ脂肪となってしまうのです。これは新陳代謝の低下によるものが原因です。寝ている間も絶え間なく繰り返す呼吸、働き続ける心臓、体内の不要物を排出する腸の蠕動運動など、人間の身体は生命を維持するためには必要不可欠な機能を動かし続けています。この活動のため、必要最低限とされるエネルギーが基礎代謝です。何もしていなくとも消費される基礎代謝は、成人の平均が1200キロカロリーとされています。しかし、加齢や運動不足などの様々な要因により、基礎代謝は低下していまします。なので、摂取カロリーが少なく思えても基礎的な消費カロリーも少なければ、カロリーの過剰摂取となってしまうのです。慢性的な便秘、ホルモンバランスや自律神経の乱れが基礎代謝を低下させている場合もあります。食事に気を使っているのに肥満になってしまう方の原因も、目には見えない体内のカロリーバランスにあるのです。なので、ただ単に流行のダイエットを取り入れるのではなく、原因にあった肥満対策が求められます。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報